Welcome to my blog

ダイエット・健康記事

南雲吉則先生みかん皮ごと食べる若返り食事法インフルエンザ対策 - 私の何がイケないの?

0 0
2013年2月4日TBS『私の何がイケないの?』南雲吉則先生がミカンを皮ごと食べる若返り健康法を紹介。みかんを皮ごと食べることで、風邪予防やインフルエンザ対策にもなるという、皮の効果を解説する急増する女性の病 徹底克服SP。

南雲吉則医師が教える大流行インフルエンザ対策

900円(税込)

厚生労働省からも”インフルエンザ流行入り”と注意勧告が出され、今年も急増しているインフルエンザ。

そこで、インフルエンザ対策にもなる、風邪をひかないための簡単な方法を、ナグモクリニック院長・南雲吉則先生が伝授。

20歳若くなる!Dr.南雲流 若返りテクニック / 南雲吉則


南雲吉則医師おすすめ健康法 ミカンを皮ごと食べる

  • 皮の効果1
  • 抗酸化作用で皮膚の酸化を防ぐ。
  • 皮の効果2
  • 抗菌作用でウイルス感染を予防する。
柑橘系の果物の皮には、抗菌作用がある。
南雲先生によると例えばリンゴの場合、りんごをカットすると表面が酸化し茶色く変色してしまうが、皮があることで酸化しない。

つまり、抗酸化という若返り作用がある。
そして、皮のおかげで内部に菌が入らないようバリアされている。

りんごやミカンを皮ごと食べることで抗菌作用が働き、風邪を引きにくくなり、流行しているインフルエンザからも体を守ることができるというワケ。

実際に皮ごと食べる健康法を実践しているという南雲先生は、20年間風邪を引いていないのだそう。

南雲流若返り食事法

食材はまるごと食べれば完全なバランスの栄養素が摂れ、若返り効果がある。

ナグモクリニック院長 南雲吉則先生

私たちが本当に必要なのは、あらゆる栄養素がすべて入っている状態。
例えばミカンの中身だけを食べたら偏った栄養だが、皮ごと食べたら完全な栄養となる。肌がキレイになるので、女性は特に皮ごと食べて欲しい。

2012年12月8日放送『メレンゲの気持ち』(日本テレビ)では、南雲吉則先生の自宅を訪問。15kgのダイエットに成功し、見た目年齢50代から30代に若返りを果たした、南雲式アンチエイジング健康法を紹介。

南雲吉則先生の関連記事

急増する女性の病 徹底克服SP

関連記事
南雲吉則みかん若返り抗酸化作用私の何がイケないの?

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply