Welcome to my blog

美木良介

美木良介さん考案2ヶ月で体重-13.5kg&腰痛改善ロングブレスダイエット成功の方法は?

0 0
俳優・美木良介さんが歩くことさえ困難だった持病の腰痛改善のために考案した呼吸法によるエクササイズ、ロングブレスダイエット。

このロングブレスのおかげで腰痛は消え、しかも2ヶ月で体重13.5kgも減量。

美木良介さんの脅威の回復とダイエット効果に、テレビや雑誌などたくさんのメディアに取り上げられ、数々の芸能人・著名人もロングブレスダイエットを実践。
今ではすっかり定番のダイエット法です。

美木良介さんのロングブレスダイエット(180cm / 1957年11月2日生)

美木良介ロングブレスダイエット Lesson 11日2分で一石二鳥の健康エクササイズ ロングブレスで体を変える

  1. 爪先立ちになりお尻をギュッとしめお尻にエクボを作り、足を床につける

  2. お尻を締めた状態を作るため、左足を少しクロスさせ前方に出しつま先を外側、かかとを内側に向ける

  3. 右足に90%ほど体重をかけ、前に出した左足のラインから上体が真っ直ぐになるよう体を伸ばす
    ※絶対に体を反らないこと。反ると腰痛の悪化・原因になります。

  4. 3秒で鼻から息を吸いながら、両腕を頭の上まで上げる

  5. 7秒で息を吐く。「ヴーッ!」と声を出しながら3~4秒で思い切り息を吐き、残りの3~4秒間もさらにお腹を締め奥から息を吐ききる。
    ※両手のひらが上を向くよう、肩甲骨を回しながら腕を下ろし息を吐く。

  6. 姿勢を保ちながら、4、5の呼吸法を6回行う

ロングブレスダイエットのポイント

ロングブレスは強い呼吸、長い呼吸でインナーマッスルを収縮させて体脂肪・内臓脂肪を落とし健康で美しい体を作ります。

一番大切なのは呼吸の強さですが、フォームも重要です。
息を吐くときは、前のめりにも後ろにも体を反らさないよう、3のフォームのまま真っ直ぐの姿勢で息を吐くことが大事。

3秒で吸って7秒で吐く。
吐くときは7秒の内、最初の3~4秒で思いっきり息を吐いてしまうこと。息を吐ききっても残りの3~4秒間も吐き続けインナーマッスルの奥まで届かせます。
呼吸の強さが一番大切です。

ロングブレスを行うときは、足、足首、お尻、腕、胸、お腹等、体全体に力を入れている状態でおこないます。

ロングブレスを正しい状態で行えば、汗がでてきます。

美木良介ロングブレスダイエット Lesson 21日2分で一石二鳥の健康エクササイズ ロングブレスで体を変える

  1. 姿勢を正し、真っ直ぐ立ちお尻を締める

  2. おへその下に丹田(たんでん)があります。その丹田を右手のひらで押し、背中を左手の甲で押します。

  3. 3秒で鼻から息を吸いながら、お腹を凹ませる

  4. 7秒で息を吐きさらにお腹を凹ませる。お腹と背かがくっつくイメージで、吸うとき以上にお腹を思い切り凹ませ息を吐ききる。

  5. 姿勢を保ちながら、3、4の呼吸法を6回行う

上記2つの呼吸法1セットで、約2分のレッスンです。
呼吸法1セットを1日3~5回続けると、腰痛の方もシェイプアップしたい方も早く結果が出るようです。

これから夏に向かって体を締めるチャンスです。腰痛も治すチャンスです。

美しい体、健康な体は努力無しではできません。

みなさん夏に向かって健康な体、美しい体を作りましょう。

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply