HOME  スポンサー広告  スポンサーサイト  ダイエット・健康記事  糖尿病リスク糖分過多 野菜ジュース大量摂取ラーメンライス - 教訓のススメ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病リスク糖分過多 野菜ジュース大量摂取ラーメンライス - 教訓のススメ


糖尿病の傾向と対策を、してみるテレビ教訓のススメ(フジテレビ)で紹介。内科医・友利新先生が、糖尿病危険度チェック項目を監修し、危険度について解説。ダウンタウン、ニッチェ江上敬子、アンジャッシュ児嶋一哉、高橋みなみ、萬田久子ら芸能人が、食事や生活習慣による糖尿病リスクをチェック。

糖尿病かもしれない・・・ 危険度解説

糖尿病リスク糖分過多

友利新先生監修による危険度チェックリスト
→糖尿病危険度チェック

野菜ジュースをたくさん飲んでいる

市販の野菜ジュース中にはフルーツ果汁も入っており、甘くなっているものが多い。
ビタミンやミネラルなど栄養成分を含む野菜ジュースも、飲みすぎする知らないうちに糖分の過剰摂取状態になってしまう。そのため、野菜を食べる代わりに野菜ジュースを大量にも飲むことは避け、一日の摂取量を守ることが大切。

野菜ジュース摂取の時間帯

糖分の多い野菜ジュースを飲む場合には優劣があり、糖分を多く含むものは朝~昼の間に飲んだほうが良い。

果物も血糖値を上昇させる

果物に含まれる糖分は、砂糖と同じだけ血糖値を上げてしまいます。そのため野菜をまったく食べず、ペットボトルでゴクゴクと野菜ジュースを飲むという方法はお勧めできません。野菜ジュースをたくさん摂取する場合は、糖分の少ないor無いものを選ぶこと。

自家製も糖分過多に注意

グリーンスムージーや野菜ジュースを自宅で作る場合も、甘い果物をたくさん入れてしまうと糖分を取り過ぎてしまうことがあります。例えばバナナよりも糖質の少ないグレープフルーツを入れるなど、工夫が必要です。

野菜ジュースをたくさん飲むに該当したのは、松本人志さん、萬田久子さん、ニッチェ江上敬子さん。松本さんの場合「野菜一日これ1本」を3本くらい飲むということでしたが、「これ1本」なら一日一本が摂取目安。

ラーメンと一緒にライスを注文する

油っぽいも食べ物自体も糖尿病にはよくないが、一番控えたいのが炭水化物の重ね食い。麺は「おかず」ではなく炭水化物のため、重ね食いが成立。

そして、お好み焼きとご飯という組み合わせもNG。丼ものだけを食べたり、パスタとパン食後にケーキを食べると、炭水化物メインに食べてることになる。
あくまでも、炭水化物・食物繊維・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルというバランスの取れた食事が大切です。

炭水化物も体に必要な栄養素

炭水化物とは糖質のこと。脳の栄養素でもある炭水化物をまったく食べないこともダメ。適度に炭水化物を摂取することが必要ですが日本人の場合、ご飯を主食にして食べるので糖質過多になりやすい傾向があります。

該当者は、ニッチェ江上敬子さん、アンジャッシュ児嶋一哉さん、高橋みなみさん。
麺とライスの組み合わせが大好きな高橋みなみさん。「麺っておかずじゃないですか?」という食生活で、カップラーメンと白米を食べることもあるそう。

関連記事

コメントの投稿

Private message

カテゴリ
Trend
ダイエット成功芸能人
Pick up
ポリ袋レシピ 調理法&料理川平秀一さん

食べる順番ダイエット 石川英明トレーナー

グリーンスムージーレシピ

美人の素 ヨーグルト

米麹
テレビ番組
RSS
PR
最近の記事
Featured Item

人気記事ランキング
テレビで紹介人気アイテム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。