HOME  スポンサー広告  スポンサーサイト  ダイエット・健康記事  医者が教える病院の見分け方 - 中居正広のミになる図書館

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者が教える病院の見分け方 - 中居正広のミになる図書館


現役医師が教える良い病院と悪い病院の見分け方を、中居正広のミになる図書館(テレビ朝日)で紹介。内科医・おおたわ史絵先生、外科医・新見正則先生、産婦人科医・丸田佳奈先生らが、患者にとって良い病院(良い医師)の基準を解説。実は、患者にとって一番大切なのは医者個人との相性だという。

良い病院と悪い病院の見分け方中居正広のミになる図書館

医者が教える病院の見分け方

体調不良や病気を疑う時、相談できるかかりつけのお医者さんはいますか?
とりあえず近所の医院へ行くか、街の総合病院を受診するか、あるいはインターネットで評判の良い病院を探すか、選択肢は人それぞれ。

しかし、実際気になるのは、その病院が正確な診断と治療を施してくれる信頼できる良い病院か、もしくは反対の悪い病院か?ということ。そこで、テレビでも活躍する現役医師が、患者にとって覚えておいたほうが良い病院・医者の見分け方を解説。

良い病院、良い医者

内科医 おおたわ史絵先生

なんでも話ができるドクター、もしくはドクターの友達を一人持っておく良い。そこから症状に応じて適した病院を紹介してもらえることもある。

歯科医 中田彩先生

腕が良いというよりも、医者と相性が良いことが大切。

産婦人科医 丸田佳奈先生

病院に診察に行き担当医と話しをしてみて「この先生ちょっと嫌だな」「先生の言っていることは信用できるな」といった自分との相性が基準。

帝京大学医学部附属病院 外科医 新見正則先生

良い病院、医師に巡り合うのは運もある。
まずは自分の家の近所の病院に行き、徐々に家から遠い病院を受診してみて、相性の良い先生を見つけると良い。 相性とは「話しやすい」ということ。自分にとって話しやすい主治医の先生をみつけることが大切。

悪い病院、ダメな医者

内科医 おおたわ史絵先生

すぐ怒る、診察室が汚くても平気。

産婦人科医 丸田佳奈先生

自分が納得がいかない治療をされる。
医者の提案にあまり乗り気ではないものの、納得しないまま無理矢理に勧められる。患者ときちんと話ができて、コミュニケーションを取れるお医者さんを見つけることが大切。

帝京大学医学部附属病院 外科医 新見正則先生

先に受診した医者のことを悪く言う医者は大体ダメ。例えば「その病院に行ったから、症状を悪くした」というような話をする医者は基本信用できない。

数々の病院で受診し、やっと本当に病名が診断された場合

原因不明の体調不良が続いて診療に納得できない場合など、様々な可能性を探るためセカンドオピニオン、サードオピニオンを受診するのは当たり前。

そこで気になるのが、テレビの再現VTRでよくあるシチュエーション。
原因不明の病気に襲われ、数々の病院に通っても一向に症状が改善せず さらに他の病院を受診した結果、やっと正しい病名と治療が施されるといったケース。

この場合、時間が経つにつれ病状が進行しているという可能性が一つある。確率的には病状が進行している方が見つけやすいため、先に行った病院での診断結果をひとつひとつ消去しながら、正しい病名が判断できるということも。そのためセカンド、サードオピニオンの方が正しい結果に辿り着く可能性は高くなるそう。

関連記事

コメントの投稿

Private message

カテゴリ
Trend
ダイエット成功芸能人
Pick up
ポリ袋レシピ 調理法&料理川平秀一さん

食べる順番ダイエット 石川英明トレーナー

グリーンスムージーレシピ

美人の素 ヨーグルト

米麹
テレビ番組
RSS
PR
最近の記事
Featured Item

人気記事ランキング
テレビで紹介人気アイテム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。