HOME  スポンサー広告  スポンサーサイト  ストレッチ・エクササイズ  佐伯チズ美容法ストローで口角アップ美と健康の秘訣 - いっぷく

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐伯チズ美容法ストローで口角アップ美と健康の秘訣 - いっぷく


佐伯チズさん美容法、口角を上げるストローを使った飲み方を、いっぷく(TBSテレビ)で伝授。ストローを使って飲むことで、たるみ解消、ほうれい線対策にもなる顔のエクササイズ方法。「美は意識」と語る佐伯チズさんが教える、普段のお手入れや美肌術、ドリンクレシピを紹介。いっぷく「美と健康の秘密SP」 佐伯チズ編。

佐伯チズさん美と健康の秘訣(1943年6月23日生)

1,008円

「夢はクスリ 皮脳同根」

人は綺麗健康でいようと思う夢、夢を追いかける元気があってこそ、心も体も綺麗になれると話す佐伯チズさん。

「皮脳同根」とは、皮膚は体を包んでいる最後の洋服。その肌をキレイに元気にするため、一生懸命食べますと思うことは、頭と心が繋がっているということ。キレイになりたいと思う心が、肌をキレイにしてくれる。健康になりたいから食べて運動する、ということが全部肌に現れてくるという意味。


佐伯チズの完全美肌塾 1,008円

ストローで口角アップ

  1. ドリンクを飲むときはストローを使用。

  2. ストローを咥える時は、口の端ではなく唇の真ん中にストローを配置。

  3. ストローを噛みながら、顔の筋肉が上がるよう口角を上げることを意識して吸い上げる。


佐伯チズ美容法ストローで口角アップ
口角が下がるとたるみの原因。
表情筋を鍛えることで、ほうれい線対策にもなる飲み方。

若い時は顎のラインもスッキリしているものですが、加齢により顔のたるみでなんだか顔が大きくなったように感じてしまう。そこでストローを使い、毎日エクササイズしながら飲むことで表情筋を鍛える、生活の中で無理なくできる方法。


「美」とは意識すること。
小さなことも意識して続けることで違いが表れるという佐伯チズ流、美容のためのひと工夫です。

美肌を保つモチベーション

実は42歳の時、最愛の夫をガンで亡くしたことが、現在でも美しい肌を保つモチベーションのキッカケと語った佐伯チズさん。40歳の時、夫のガン宣告を受けてから2年間、懸命に介護を続けたもののご主人を失い、その時は抜け殻のようになってしまったそう。

食事も喉を通らず、水も飲めない状態で、まるでお婆さんのような見た目に。しかし「これではいけない」と自分を奮い立たせ、今まで自分が培ってきた美肌の方法を自ら実践。そうして、肉体的にも精神的にも甦ることができ、45歳で復活を遂げることとなった。

元々は外資系の化粧品メーカーに勤めていた佐伯チズさん。
キレイになる方法を女性達に伝えていたにも関わらず、心労から一時は「自分がこんな姿になってしまってどうしよう」という状態に。しかし「この先、綺麗になって一人で生きていかなければいけない」と思い立ち、前を向くことが出来た。

こうして、昔の自分を取り戻すために美容・美肌に励んだ結果、5五年間のブランクを経て女性のキレイを叶える美肌師として復活。70歳を過ぎてもお手本にしたい美しい肌を誇り、美肌の方法を伝授してくれるアドザイバーとして活躍しています。

美肌・美容法

関連記事

コメントの投稿

Private message

カテゴリ
Trend
ダイエット成功芸能人
Pick up
ポリ袋レシピ 調理法&料理川平秀一さん

食べる順番ダイエット 石川英明トレーナー

グリーンスムージーレシピ

美人の素 ヨーグルト

米麹
テレビ番組
RSS
PR
最近の記事
Featured Item

人気記事ランキング
テレビで紹介人気アイテム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。