HOME  スポンサー広告  スポンサーサイト  ダイエット・健康記事  雑穀アマランサスNASAが栽培実験した宇宙食 信州大学 井上直人先生 - 世界一受けたい授業

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑穀アマランサスNASAが栽培実験した宇宙食 信州大学 井上直人先生 - 世界一受けたい授業


2012年12月1日放送『世界一受けたい授業』(日本テレビ) 3時限目家庭科にて、「雑穀は21世紀の主食となる」と唱える日本雑穀協会特別顧問で信州大学農学部教授の井上直人先生が『健康のための万能食!雑穀の正しい食べ方』を紹介。

杉山ハリーさん(27歳)の三食(身長184cm / 1985年1月20日生)

【朝食】
ご飯、納豆、バナナ、りんごジュース
【昼食】
グリーンカレー、サラダ、ヨーグルト
【夕食】
豚牛しゃぶしゃぶ、きのこの煮物、ほうとううどん
杉山ハリーさん
ご飯はしっかり摂るよう気を付けてますね。
堺正章校長
非常にバランスいい食べ物を食べてる感じ。
井上直人先生
今まで見た中では一番良いかな。ただ30~40代にかけて、もしかしたら太ってくるのかなと。

改善点

現在は炭水化物中心のメニューになっている。朝食の白米を麦ごはんに替えると食物繊維が多く摂れ、食べたものが脂肪になりにくい。

ハリセンボン 箕輪はるかさん(32歳)の三食(身長160cm / 1980年1月1日生)

【朝食】
なし
【昼食】
オムライス弁当
【夕食】
パン1個

体の悩み

太りにくい、疲れやすい
くりぃむ上田さん
近々、世界タイトルマッチかなんか控えてるの?
箕輪はるかさん
減量してないです。絞ってないんです。
くりぃむ上田さん
なんで夜パン1個しか食べない。
箕輪はるかさん
昼に、ちょっと食べ過ぎたので、そんなにお腹空いてなかったんで。
くりぃむ上田さん
オムライス弁当も、そんな大きいお弁当じゃないじゃない。
箕輪はるかさん
いや、でも結構溜まったので。もう夜はいいかなと思ってたんですけど、ちょっとアゴ動かしとこうかなって感じでパンを。だいたい普段こんな感じですね。
くりぃむ上田さん
体の悩みとかは?
箕輪はるかさん
ちょっと太りにくい。
くりぃむ上田さん
食べないからだよ。
箕輪はるかさん
ああ、そうですか。あとまぁ、疲れやすい。
くりぃむ上田さん
食べないからだよ。

タンパク質不足は疲れやすい 救世主は宇宙食アマランサス

太りにくい、疲れやすいという場合の原因のひとつはタンパク質不足。
食べ物の量を増やすのが一番良いが、少量で非常に栄養価の高いアマランサスという雑穀を取り入れる方法もある。

アマランサス

白米よりも良質なタンパク質を含み、その量は白米の約2倍。
カルシウムは白米の32倍、食物繊維含有量は白米の15倍と、優れた栄養価を誇る。

そして、NASAのスペースシャトルで栽培実験がおこなわれ宇宙食にも使われた、今もっとも注目されている雑穀。

しかし、アマランサスだけを炊いて食べようとすると、味に抵抗がある場合も多いため、市販されているアマランサスを含んだ雑穀を白米に混ぜて食べるのがおすすめ。

健康のための万能食!雑穀の正しい食べ方

関連記事

コメントの投稿

Private message

カテゴリ
Trend
ダイエット成功芸能人
Pick up
ポリ袋レシピ 調理法&料理川平秀一さん

食べる順番ダイエット 石川英明トレーナー

グリーンスムージーレシピ

美人の素 ヨーグルト

米麹
テレビ番組
RSS
PR
最近の記事
Featured Item

人気記事ランキング
テレビで紹介人気アイテム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。