HOME  スポンサー広告  スポンサーサイト  ダイエット・健康記事  雑穀で健康長寿 万能食雑穀の正しい食べ方 信州大学 井上直人先生 - 世界一受けたい授業

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑穀で健康長寿 万能食雑穀の正しい食べ方 信州大学 井上直人先生 - 世界一受けたい授業


2012年12月1日放送『世界一受けたい授業』(日本テレビ) 3時限目家庭科にて、「雑穀は21世紀の主食となる」と唱える日本雑穀協会特別顧問で信州大学農学部教授の井上直人先生が『健康のための万能食!雑穀の正しい食べ方』を紹介。

健康のための万能食!“雑穀”マクロビ食事法や長寿の要因

雑誌などで最近良く見かける“マクロビオティック”とは、主に雑穀や玄米などを使った健康食事法。

今注目されている雑穀は食物繊維・ビタミン・ミネラルなど、多くの栄養素を含んでおり、体の症状によっておすすめの雑穀がある。
例えば、便秘解消にはヒエ、肌荒れにはアワとキビがおすすめ。

そして、雑穀が世間から注目を浴びるようになったのは、今からおよそ50年前。
山梨県棡原村(ゆずりはらむら)、現在の上野原市が、日本一の長寿村であることが分かり、その要因として村に住む住民は幼い頃から主食が麦やアワ、ヒエ、キビなどの雑穀だったことがきっかけ。

また19世紀初頭の中国では、142歳の老人に清朝皇帝が長寿を称える詩を贈ったという記録もあり、その老人がいた地域の主食は雑穀だったと言われている。
(毎日新聞2002年6月17日)

雑穀の正しい食べ方

雑穀には普段の食生活では少ししか取れない栄養素が多く含まれている。

例えば、麦に含まれる食物繊維は、白米の約20倍。
アワに含まれる鉄分は、白米の約6倍。

「雑穀は21世紀の主食となる」と唱える、日本雑穀協会特別顧問で信州大学農学部教授の井上直人先生が、雑穀を簡単に美味しく食べる方法を伝授。
知って得する雑穀の驚くべきパワーを徹底解明。

雑穀とは

日本人が主食として食べている白米以外の穀物、ほぼ全ての総称。
野菜と思いがちなとうもろこしは、日本では雑穀に分類される。

具体的な雑穀

押し麦、もちあわ、ハトムギ、大豆、小豆、もちきび、とうもろこし、そばの実、ひえ、黒米、緑米、丸麦、タアマランサス、キヌア、カキビ、えごま
くりぃむ上田さん
ちなみに普段、雑穀食べてる方っていらっしゃいますか?石塚くんは何を召し上がってますか?
石塚英彦さん
うちのカミさんが取り寄せで雑穀米みたいなものを。家で食べるときは必ず雑穀米。

生徒たち食事と体の悩みをチェック

健康に関する悩みは、どんな雑穀を食べれば改善されるか?
体の悩みや症状別に、生徒たちの普段の食事をチェックする。

LiLiCoさん(42歳)の三食(身長168cm / 1970年11月16日生)

【朝食】
コーヒー、オレンジジュース、バナナ1本
【昼食】
なし
【夕食】
冷製カルボナーラ
仕事が忙しく、昼食を食べれない日が結構ある。

体の悩み

ポッコリお腹

ハリセンボン 近藤春菜さん(29歳)の三食(身長155cm / 1983年2月23日生)

【朝食】
なし
【昼食】
ハンバーグ弁当、サラダ
【夕食】
金目鯛の煮付け、煮物、白飯、味噌汁
普段の食事はお弁当が多いという。

体の悩み

近藤春菜さん的には「特になし」だが、先生からすると問題点はお腹。

健康のための万能食!雑穀の正しい食べ方

関連記事

コメントの投稿

Private message

カテゴリ
Trend
ダイエット成功芸能人
Pick up
ポリ袋レシピ 調理法&料理川平秀一さん

食べる順番ダイエット 石川英明トレーナー

グリーンスムージーレシピ

美人の素 ヨーグルト

米麹
テレビ番組
RSS
PR
最近の記事
Featured Item

人気記事ランキング
テレビで紹介人気アイテム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。