HOME  スポンサー広告  スポンサーサイト  便秘  便秘&下痢対策 排便チェックと腸内環境正常習慣のの字マッサージ - ミヤネ屋

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便秘&下痢対策 排便チェックと腸内環境正常習慣のの字マッサージ - ミヤネ屋


2012年11月20日『情報ライブミヤネ屋』(読売テレビ) にて、腸のトラブルを特集。季節の変わり目は腸の機能が弱まり、便秘や下痢に注意が必要。腸内環境を崩して便秘や下痢になってしまう原因と対策法を、大阪市天王寺区の湯川胃腸病院、消火器内科医・高島澄夫先生が解説。

お通じチェック

まずは、健康のバロメーターとなる排便の状態を把握することが大切。

便の形

【理想】
バナナ1~2本分
【注意】
コロコロ状または、いつも細長くヒョロヒョロ状態。

便の色

便の色 症状
黄土色 善玉菌が多い状態で理想的な色。
茶色 濃い茶色は肉類の摂り過ぎ、肉類の摂取を控える。
緑色 急性腸炎の恐れ。腸炎で薬を服用した際に腸内細菌が変わり緑色の便になることが多い。
赤色 大腸ガンの疑い。便に血が混じっている。
黒色 食道・胃・小腸から出血の疑い。上部の消化管からの出血は胃酸により、鉄が酸化して色が黒くなる。

便秘に効く食材

野菜(根菜類)
にんじん、ごぼう等を温野菜にして摂取。
発酵食品
納豆、ヨーグルト、キムチ、チーズなど。
玄米・胚芽米
玄米の皮、つまり繊維があり、ミネラルやビタミンも程よく配合されている。

腸内環境を整える4つの習慣

すぐに実践できる簡単な方法で腸内環境を整える。

朝の習慣

コップ1杯の水を飲む。
何かを口に入れるということが、ぜん動運動のための刺激になる。
寒い季節には、冷たいものを飲むより温かいものが良いのでお茶でOK。

昼の習慣

食後すぐに運動しない。
食後すぐに運動すると筋肉に血流が行ってしまい、肝心な腸へ思ったほど血流が流れないため、腸の消化が悪くなる。

夜の習慣

お風呂では、ぬるめのお湯にゆっくり浸かる。

のの字マッサージ

のの字マッサージ

腸にも便の溜まりやすいポイントがある。

手のひらで時計回りに、軽くぐるぐるとお腹を擦ってマッサージする。


そして、一番大切なのは、便意があっても無くてもトイレに行くことを習慣づけること。
そうすることで薬に頼らなくても、排便が促されるようになる。

ただし、無理にきばって出そうとするのは逆効果。

あまりに便秘が続いたり、便がおかしい場合は、他の病気が隠れている場合もあるので注意が必要。

季節の変わり目は要注意“腸のトラブル”

関連記事

コメントの投稿

Private message

カテゴリ
Trend
ダイエット成功芸能人
Pick up
ポリ袋レシピ 調理法&料理川平秀一さん

食べる順番ダイエット 石川英明トレーナー

グリーンスムージーレシピ

美人の素 ヨーグルト

米麹
テレビ番組
RSS
PR
最近の記事
Featured Item

人気記事ランキング
テレビで紹介人気アイテム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。