HOME  スポンサー広告  スポンサーサイト  美白・美肌  「飲む点滴」甘酒で夏バテ予防と便秘予防さらに美白する - ノンストップ!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「飲む点滴」甘酒で夏バテ予防と便秘予防さらに美白する - ノンストップ!


2012年7月20日放送『ノンストップ!』(フジテレビ) にて、
この夏、健康と美容に良い飲み物として「甘酒」を特集。

冬に飲むイメージが強い甘酒だが、森永製菓が2000年に冷やし甘酒として販売を開始。
すると節電が叫ばれた2011年夏、売上げが前年比200%に届く勢いで急上昇。


東京農業大学 醸造科学科 准教授 前橋健二氏

甘酒は「飲む点滴」といわれるほど栄養満点で夏バテ予防になり、
便秘予防や美白効果など女性には嬉しい効果もある。

ブドウ糖やビタミンBが豊富に含まれており、即効性の栄養があるため夏バテ対策に有効といえる。

便秘予防や美白効果について、甘酒の原料の米麹には食物繊維が豊富に含まれており、その食物繊維が便やコレステロールなどを体外へ排出、中性脂肪の吸収を抑えるためダイエットに効果的。

「飲む点滴」甘酒パワー甘酒の歴史は古く「日本の夏」にはかかせない

甘酒には大きく分けて2種類ある。
  1. 原料が米麹と米のもの

    米麹と米を同化させ甘酒を作る。

  2. 原料が酒粕のもの

    酒粕を溶かして砂糖を加えて甘酒を作る。

米麹から作る製法は江戸時代から続くもので、江戸時代の夏バテ対策として、
金持ちはウナギを食べ、庶民は甘酒を飲んでいたそう。

そのため、俳句でも甘酒は夏の季語として使われている。
現代では、冬の飲み物というイメージだが、実は元々は夏の飲み物だった。

  • あま酒の 地獄もちかし 箱根山  与謝蕪村
  • 一夜酒 隣の子迄 来たりけり  小林一茶

甘酒の主な成分月桂冠総合研究所調べ

ビタミンB、ブドウ糖などの糖類、食物繊維、アミノ酸、ペプチド、有機酸

甘酒には健康維持に不可欠なビタミンや、
エネルギーの元となるブドウ糖などが含まれている。

その中でも、ビタミンBは、ブドウ糖の代謝を促進させる働きがあり糖すぐエネルギーに転換し、その効果は点滴を打つことに匹敵するため、甘酒はまさに飲む点滴といわれる。

そして甘酒の成分、コウジ酸にはメラニンの生成を抑える働きがありシミやそばかすの原因を防ぐ効果が期待されている。

さらに街では甘酒ブームが到来し、様々なタイプのお店がある。

自由が丘 古町糀製造所(ふるまちこうじせいぞうじょ)

新潟の老舗酒蔵から取り寄せた麹を使用。お米だけで甘さを引き出したシンプルな甘酒のほか、柚子や抹茶、紫蘇などのフレーバー甘酒が味わえる。

http://www.furumachi-kouji.com/

世田谷・松陰神社前 せたがや縁側 cafe

甘酒がカプチーノに!玄米から作った甘酒を使用し栄養も豊富。

せたがや縁側 cafe ブログ
TEL:03-5500-8822

玄米甘酒カプチーノ 400円

せたがや縁側 cafe 加藤文人さん

甘酒は元々嫌いだったんですけれど、甘酒を入れたカプチーノがすごく美味しかった。 たぶん(甘酒カプチーノは)世界でウチだけではないでしょうかね。(ニコ)

千代田区 天野屋

江戸時代から続く老舗の甘酒屋さん。店の地下にある天然の土室で米麹を発酵させて作る甘酒が有名だが、夏には甘酒を使ったカキ氷が大人気。

http://www.amanoya.jp/

氷甘酒 500円(カキ氷)

池袋 さくらクリニック 倉田大輔院長

飲む点滴といわれる甘酒を本当に点滴にしてしまった(?)クリニック。

実は甘酒そのものを点滴するのではなく、甘酒の成分を分析して点滴にしている。
疲労回復に有効な甘酒の栄養素を短時間で効率よく摂取できることから、夏になると1ヶ月で70人ほど甘酒点滴に訪れるそう。

http://www.sakura-beauty.jp/

甘酒レシピ1:季節野菜の甘酒漬け手軽で簡単甘酒料理 料理研究家・近藤幸子(Kondo Sachiko)

  • 《材料》
  • きゅうり
  • にんじん
  • 玉ねぎ
  • パプリカ(黄)
  • パプリカ(赤)
  • 塩 … 小さじ1強
  • 米酢 … 大さじ3
  • 甘酒 … 適量
  1. 野菜を食べやすい大きさにカットする。

  2. ボウルに、塩、米酢、甘酒を入れて混ぜ合わせ野菜を入れる。

  3. ラップをし冷蔵庫で半日置いて出来上がり。

通常の甘酢漬けに比べ酸味がやわらかくなり、野菜をたくさん食べることができる。

甘酒レシピ2:鶏肉の甘酒照り焼き手軽で簡単甘酒料理 料理研究家・近藤幸子(Kondo Sachiko)

  • 《材料》
  • 鶏もも肉 … 1枚
  • しょうゆ … 大さじ1
  • にんにく … 少々
  • しょうが … 少々
  • 甘酒 … 1/2缶
  1. 鶏ももの皮側をフォークでまんべんなく刺す。

  2. しょうゆ、にんにく、しょうが、甘酒を混ぜ合わせ鶏肉を10分漬け込む。

  3. 汁気を切ってフライパンで香ばしく焼き取り出して食べやすい大きさにカットし器に盛る。

  4. 残った漬け汁をとろみがつくまでフライパンで煮詰めソースを作る。

  5. 煮詰めたソースを鶏肉にかけ出来上がり。

甘酒が砂糖やみりんの代わりになりとても便利。
甘酒を使うことでコクが出て、普段の照り焼きよりワンランクアップした味に。

記事:美白・夏バテ・便秘予防の「飲む点滴」甘酒作り方&レシピをチェック

東京農業大学 醸造科学科 准教授 前橋健二氏

米麹で作った甘酒はアルコールを含まないので子供が飲んでも大丈夫。
但し、酒粕で作った甘酒はアルコールを含むため注意。
おすすめの飲み方は精をつける「朝飲む甘酒」。

スタジオゲストの平成ノブシコブシ・吉村崇さんと徳井健太さん、そしてお酒を一滴も飲めないというピース・綾部祐二さんが冷やし甘酒を体験。

西川史子女史と山﨑夕貴アナウンサーは玄米甘酒カプチーノを体験。
変に甘酒のくせがあるワケではなく普通のカプチーノでおいしい。
甘酒の風味はあり飲み易いそう。
関連記事

コメントの投稿

Private message

カテゴリ
Trend
ダイエット成功芸能人
Pick up
ポリ袋レシピ 調理法&料理川平秀一さん

食べる順番ダイエット 石川英明トレーナー

グリーンスムージーレシピ

美人の素 ヨーグルト

米麹
テレビ番組
RSS
PR
最近の記事
Featured Item

人気記事ランキング
テレビで紹介人気アイテム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。